【永久保存版】シミそばかすを消す方法|スキンケアや皮膚科治療、サプリや食べ物も!

美白

顔のシミそばかすを簡単に消す方法はあるのでしょうか?

シミとそばかすは一見すると同じように見えますが、シミにはさまざまな種類があり、それぞれ原因や対策が異なるため、適切なシミそばかす対策が大切です

こちらでは、自力でシミそばかすを消す方法から皮膚科のレーザー治療まで解説します。

美白化粧品でのスキンケアや、美白医薬品・サプリメントの服用など自力でできるシミそばかす対策はたくさんあります。

またおすすめ美白化粧品や美白医薬品・サプリメント、シミそばかすを消すメイクについても触れるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

  1. シミとそばかすは違うの?シミそばかすの見分け方や原因と対策を種類別にご紹介
    1. 老人性色素斑
      1. 老人性色素斑の見分け方
      2. 老人性色素斑の原因
      3. 老人性色素斑に効果的な対策
    2. 炎症性色素沈着
      1. 炎症性色素沈着の見分け方
      2. 炎症性色素沈着の原因
      3. 炎症性色素沈着に効果的な対策
    3. 雀卵斑(そばかす)
      1. 雀卵斑(そばかす)の見分け方
      2. 雀卵斑(そばかす)の原因
      3. 雀卵斑(そばかす)に効果的な対策
    4. 肝斑(かんぱん)
      1. 肝斑(かんぱん)の見分け方
      2. 肝斑(かんぱん)の原因
      3. 肝斑(かんぱん)に効果的な対策
    5. 脂漏性角化症
      1. 脂漏性角化症の見分け方
      2. 脂漏性角化症の原因
      3. 脂漏性角化症に効果的な対策
    6. 花弁状色素斑
      1. 花弁状色素斑の見分け方
      2. 花弁状色素斑の原因
      3. 花弁状色素斑に効果的な対策
  2. 自力でシミそばかすを消す方法には何があるの?
    1. 美白化粧品でスキンケアをしてシミそばかすを消す
    2. 美白医薬品やサプリメントを服用してシミそばかすを消す
    3. 紫外線対策でシミそばかすの悪化や新たなシミそばかすを予防する
    4. 毎日のスキンケアを見直して肌への負担を軽減する
    5. 美白に効果的な食べ物でシミそばかすを消す
  3. 自力でシミそばかすを消す方法 美白化粧品編
    1. 美白化粧品に期待できる効果
    2. 美白化粧品の選び方のポイント
      1. 美白に効果的な成分が配合されている美白化粧品を選ぶ
      2. 低刺激で肌に優しい美白化粧品を選ぶ
      3. ずっと続けられる価格の美白化粧品を選ぶ
      4. 用途に応じて美白化粧品を選ぶ
    3. シミそばかすを消す化粧水をピックアップ
    4. シミそばかすを消す美容液をピックアップ
    5. シミそばかすを消すクリームをピックアップ
    6. シミそばかすを消すオールインワンジェルをピックアップ
    7. ドラッグストアで買える!シミそばかすを消す市販のプチプラ化粧品
  4. 自力でシミそばかすを消す方法 美白医薬品・サプリメント編
    1. 美白医薬品やサプリメントに期待できる効果
    2. 美白医薬品やサプリメントの選び方のポイント
      1. 美白有効成分が配合されている美白医薬品を選ぶ
      2. シミそばかす以外にも効果を発揮する美白医薬品を選ぶ
      3. 長く続けられる価格の美白医薬品を選ぶ
    3. シミそばかすを消す美白医薬品・サプリメントをピックアップ
    4. ドラッグストアで買える!シミそばかすを消す市販の美白医薬品・サプリメント
  5. 自力でシミそばかすを消す方法 紫外線対策編
    1. 紫外線対策に期待できる効果
    2. 紫外線でシミになるメカニズム
    3. 紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がある
      1. UV-Aとは
      2. UV-Bとは
    4. 日焼け止め選びのポイント
      1. SPF(Sun Protection Factor)をチェック
      2. PA(Protection grade of UVA)をチェック
      3. 日常生活で使うのならSPF10〜25、PA+〜++で十分
    5. 日焼け止めを正しく塗る方法
    6. シミそばかす対策に効果的な日焼け止めをピックアップ
      1. 江原道 ウォータリーUVジェル
      2. アルビオン スーパーUVカット リペア パーフェクション ベース
      3. 資生堂 アネッサ ホワイトニングUV ジェルn
  6. 自力でシミそばかすを消す方法 スキンケア編
    1. スキンケアの見直しに期待できる効果
    2. クレンジング時に気を付けたいポイント
    3. 洗顔時に気を付けたいポイント
    4. 化粧水使用時に気を付けたいポイント
    5. 美容液やクリーム使用時に気を付けたいポイント
  7. 自力でシミそばかすを消す方法 食べ物編
    1. 食べ物に期待できる効果
    2. シミそばかすを消すのに効果的な食べ物
  8. シミそばかすを早く消したいなら皮膚科治療がおすすめ!
    1. 皮膚科治療の代表格と言えばレーザー治療
      1. レーザー治療の概要
      2. レーザー治療の治療期間
      3. レーザー治療の料金相場
    2. そばかすを消したいならフォトフェイシャルが効果的
      1. フォトフェイシャルの概要
      2. フォトフェイシャルの治療期間
      3. フォトフェイシャルの料金相場
    3. ピーリングなら美白と美肌が叶う
      1. ピーリングの概要
      2. ピーリングの治療期間
      3. ピーリングの料金相場
    4. ビタミンCイオン導入は肌に優しくておすすめ
      1. ビタミンCイオン導入の概要
      2. ビタミンCイオン導入の治療期間
      3. ビタミンCイオン導入の料金相場
    5. 皮膚科処方の塗り薬は市販よりも美白有効成分が高濃度
      1. 塗り薬の概要
      2. 塗り薬の治療期間
      3. 塗り薬の料金相場
    6. 皮膚科処方の飲み薬で体の中からシミそばかすを消す
      1. 飲み薬の概要
      2. 飲み薬の治療期間
      3. 飲み薬の料金相場
  9. シミそばかすが消えるまで待てないならメイクで隠す!
    1. シミそばかすを消すメイクのポイント
  10. シミそばかすを消す方法まとめ
      1. 真山ゆう子
      2. 最新記事 by 真山ゆう子 (全て見る)

シミとそばかすは違うの?シミそばかすの見分け方や原因と対策を種類別にご紹介

パッと見では区別がつかないシミとそばかすですが、実はそれぞれ特徴があります。

シミには以下の6種類が存在しており、それぞれ原因と対策が異なります。

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 脂漏性角化症
  • 花弁状色素斑

 

こちらでは、それぞれのシミの見分け方と、原因と対策をご紹介します。

まずは自分のシミがどのシミなのか把握して、適切なシミそばかすを選ぶ方法を見つけていきましょう。

 

老人性色素斑

 

老人性色素斑の見分け方

シミの形は不定形で、米粒ほどの大きさから5cmくらいまでになる場合もあります。

薄い茶色からしだいに濃くなり、次第にハッキリと目立ってくるシミです。

 

老人性色素斑の原因

紫外線や肌への刺激肌の老化によるメラニンの蓄積が原因で発生します。

一般的なシミは老人性色素斑と言われています。

 

老人性色素斑に効果的な対策

初期の薄いシミの場合、美白化粧品や美白医薬品でのケアが有効です。

濃くなったシミの場合、皮膚の構造自体が変わっているので、レーザー治療が必要です。

 

炎症性色素沈着

 

炎症性色素沈着の見分け方

シミの色や大きさは元となる炎症の種類や度合いによって異なります

色も赤や茶色や黒など、大きさも大小様々です。

 

炎症性色素沈着の原因

ニキビ跡や虫さされ、傷痕、肌への刺激や摩擦が原因でシミになります。

炎症性色素沈着は徐々に薄くなりますが、シミの上から紫外線を浴びると落ちにくくなります。

 

炎症性色素沈着に効果的な対策

美白化粧品でのスキンケア、ピーリングが有効です。

肌への刺激で悪化するので、スキンケアの時に叩いたり擦り過ぎないのも重要です。

炎症性色素沈着はレーザー治療が向いておらず、ピーリングの治療がおすすめです。

 

雀卵斑(そばかす)

 

雀卵斑(そばかす)の見分け方

そばかすの大半は遺伝性のシミで、幼児期から思春期にかけて目立つ傾向にありますが、加齢とともに薄くなる場合があります。

鼻を中心に頬骨のあたりに散らばったように、小さくて薄いシミが広範囲にできるのが特徴です。

 

雀卵斑(そばかす)の原因

そばかすは主に遺伝が原因と言われています。

しかし紫外線の影響で後天的にそばかすができたり、今あるそばかすが濃くなる場合もあるので紫外線対策に注意したいシミです。

 

雀卵斑(そばかす)に効果的な対策

そばかすに美白化粧品が有効と言われていますが、遺伝的要素もあるので予防的な意味で有効だと考えられます。

そばかすはレーザーでも消えますが、より広範囲に照射ができるフォトフェイシャル(IPL光治療)が効率的でおすすめです。

 

肝斑(かんぱん)

 

肝斑(かんぱん)の見分け方

肝斑は30~50代の女性に現れやすいシミです。

頬骨のあたりにシミがもやっと左右対称にできるのが大半ですが、まれに鼻の下や額に出る場合もあります。

 

肝斑(かんぱん)の原因

女性ホルモンのバランスが乱れた時にできる場合が多く、紫外線の影響も受けます。

妊娠中やピルを服用した時、更年期の人によく見られるシミです。

 

肝斑(かんぱん)に効果的な対策

内服薬のトラネキサム酸が有効で、トラネキサム酸配合の美白化粧品で薄くなる場合もあります。

レーザー治療は肝班の症状が悪化する場合もあるので、注意が必要です。

 

脂漏性角化症

 

脂漏性角化症の見分け方

イボのように盛り上がったシミです。

でき始めは小さくても徐々にシミが大きくなり、色は肌色から黒色までさまざまです。

 

脂漏性角化症の原因

元々あった老人性色素斑が長年にわたり紫外線を浴び続けると発生します。

紫外線以外にも、肌の老化によって発生した良性腫瘍とも考えられています。

 

脂漏性角化症に効果的な対策

脂漏性角化症は、美白化粧品でのケアは難しいと言われています。

改善したい場合は、レーザー治療などが効果的でおすすめです。

 

花弁状色素斑

 

花弁状色素斑の見分け方

肩から背中にできる小さなシミです。

シミの形状が花びらのような形をしているのが特徴です。

 

花弁状色素斑の原因

急激な日焼けにより発生するシミです。

強い紫外線や刺激で、メラニンが真皮層まで届いているのが原因です。

 

花弁状色素斑に効果的な対策

花弁状色素斑は、美白化粧品でのケアは難しいと言われています。

改善したい場合は、レーザー治療などが有効でおすすめです。

 

自力でシミそばかすを消す方法には何があるの?

ここからは、セルフケアで消せる、老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかすに着目して、自力でシミそばかすを消すケア方法をご紹介します。

 

美白化粧品でスキンケアをしてシミそばかすを消す

毎日使用しているスキンケア化粧品を美白化粧品に変えたり、いま使用している化粧品に美白クリームや美白美容液をプラスするだけでシミそばかすケアできます。

美白有効成分を配合したオールインワンジェルならワンステップでケアできるので、めんどくさがりな方にも時短したい方にもおすすめのシミそばかすを消す方法です。

 

美白医薬品やサプリメントを服用してシミそばかすを消す

一般的には飲む日焼け止めと言われている、美白医薬品やサプリメントの服用もおすすめ。

美白医薬品やサプリメントは飲むだけで体の中からシミの原因となるメラニン色素を追い出してくれますし、全身に働きかけるので、全身の美白が叶うのも嬉しいポイントです。

 

紫外線対策でシミそばかすの悪化や新たなシミそばかすを予防する

シミそばかすの最大の原因は紫外線。

紫外線を徹底的に予防できれば、シミそばかすの悪化や新たなシミそばかすの発生を予防できます。

日焼け止めや日傘、サングラスなど簡単に取り入れられるシミそばかす対策です。

 

毎日のスキンケアを見直して肌への負担を軽減する

クレンジングや洗顔時になるべく肌へ刺激を与えないようにするなどで、シミそばかすを予防できます。

こちらも毎日のスキンケアを少し気を付けていくだけなので、簡単にできるシミそばかすに効くセルフケアです。

 

美白に効果的な食べ物でシミそばかすを消す

食べ物の中には美白に効果的な食べ物もあります。

毎日の食事に取り入れるだけで、シミそばかすを消す効果やシミそばかす予防効果、肌質を改善して美肌になる効果も期待できるので、ぜひ取り入れたいシミそばかすを消す方法です。

 

自力でシミそばかすを消す方法には、さまざまな方法があるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ここからは、それぞれのシミそばかすを消す方法についてさらに詳しく解説していきます。

 

自力でシミそばかすを消す方法 美白化粧品編

こちらでは、美白化粧品によるスキンケアでシミそばかすを消す方法をご紹介します。

 

美白化粧品に期待できる効果

美白化粧品に期待できる効果は主に2つです。

  • できてしまったシミそばかすを消す
  • これからできるシミそばかすを予防する

 

シミそばかすのない美白肌を狙うのであれば、どちらの要素も必要になります。

ただし美白有効成分により効果は異なるので、選ぶ際には注意が必要です。

 

美白化粧品の選び方のポイント

美白化粧品でシミそばかすを消したいなら選び方が大切。

美白化粧品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

美白に効果的な成分が配合されている美白化粧品を選ぶ

美白に効果的な成分が配合されている化粧品でないとシミそばかすは消せません。

主要な美白に効く成分には以下があるので、化粧品選びの参考にしてください。

 

シミを消す:ハイドロキノン、ビタミンC誘導体
シミを予防する:アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタなど

 

低刺激で肌に優しい美白化粧品を選ぶ

肌への刺激は肌荒れなどの肌トラブルだけでなく、シミそばかすの発生や悪化につながってしまいます。

これらのリスクを避けるためにも、アルコールや香料、着色料などの添加物を含まない低刺激の美白化粧品がおすすめです。

 

ずっと続けられる価格の美白化粧品を選ぶ

美白化粧品は長く使用し続けるとシミそばかすへの効果があります。

美白化粧品によるケアは肌のターンオーバーに頼っているので、少なくとも2、3ケ月は使用しないと効果を実感できません。

長く使用するためには価格も重要なので、自分のお財布と相談して選びましょう。

 

用途に応じて美白化粧品を選ぶ

美白化粧品でシミそばかすを消すなら用途も重要です。

いま使用している基礎化粧品にプラスして使用したい方や、しっかりライン使いをしたい方は化粧水や美容液やクリーム

とにかく時短でワンステップでケアしたい方はオールインワンジェルがおすすめです。

ここからは、シミそばかすを消すおすすめの化粧品をピックアップしてご紹介していきます。

 

シミそばかすを消す化粧水をピックアップ

(引用元:https://etvos.com

エトヴォス バランシング 薬用アクネローション 

 

エトヴォスは皮膚科学を研究する医学博士監修のもと開発された本格派。

肌本来の機能を高めて、健やかで美しい肌へと導いてくれます。

パッチテスト済み、6つの無添加で敏感肌の方でも安心して使用できます。

 

価格 通常価格:4,104円(税込)
容量 150ml
期待できる効果 美白、ニキビ、肌荒れ、乾燥、整肌
刺激性 低刺激
アットコスメの評価  4.1ポイント(7.0ポイント中)
トライアルキット あり(1,900円)
保証内容 30日間返金保証

 

エトヴォス バランシング 薬用アクネローションが気になる方は、トライアルキットでのお試しがおすすめ

エトヴォスのバランシングラインお試しセットは、薬用アクネローション以外にも石鹸や美容液を含む全4アイテム・14日分が1,900円(税抜・送料無料)で試せます。

気になる方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

エトヴォスのバランシングラインお試しセットの購入はコチラ(14日分・1,900円)

 

当サイトには、シミそばかす対策に効果的でおすすめのビタミンC誘導体化粧水ランキングの記事があります。

他にもシミそばかすを消す化粧水を知りたい方は、こちらもあわせてご覧ください。

ビタミンC誘導体化粧水ランキングはコチラ

 

シミそばかすを消す美容液をピックアップ

(引用元:https://www.ampleur.jp/

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110は、「ヴォブクリニック中目黒」高瀬聡子医師が開発した信頼できるドクターズコスメ。

3年連続モンドセレクション金賞、ベストコスメ8冠受賞と多くの美容のプロも絶賛しており、各種メディアで話題の美白美容液です。

美白だけでなく保湿や肌荒れ予防効果が期待できるので、肌が荒れやすい方におすすめです。

 

価格 通常価格:10,800円(税込)
容量 11ml
期待できる効果 美白、保湿、抗炎症
刺激性 低刺激
アットコスメの評価  3.8ポイント(7.0ポイント中)
トライアルキット あり(1,890円)
保証内容 30日間全額返金保証

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110が気になる方は、トライアルキットでのお試しがおすすめ

アンプルールラグジュアリーホワイトトライアルキットは、美白美容液以外にも化粧水や乳液を含む全5アイテム・7日分を1,890円(税込・送料無料)で試せます。

気になる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット購入へ(7日分・1,890円)

 

シミそばかすを消すクリームをピックアップ

(引用元:https://www.bglen.net/

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

 

美容雑誌やブログ、SNSで話題のビーグレンの美白クリーム。

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9は、シミそばかすを消す効果のあるハイドロキノンや美白有効成分のアルブチンやビタミンCを配合

今あるシミを本気で消したい方におすすめのシミ取りクリームです。

 

価格 通常価格:6,480円(税込)
容量 15g
期待できる効果 美白、保湿、整肌
刺激性 低刺激
アットコスメの評価 5.1ポイント(7.0ポイント中)
トライアルキット あり(1,800円)
保証内容 365日間返金保証

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9が気になるという方は、トライアルキットのお試しもおすすめ

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットは、美白美容液以外にも化粧水やクリームを含む全5アイテム・7日分が1,800円(税抜・送料無料)で試せます。

気になる方はぜひトライアルキットで試してみてはいかがでしょうか?

ビーグレン ホワイトケア トライアルセット(7日分・1,800円)の購入はコチラ

 

当サイトには、できてしまったシミそばかすを消す効果が高いハイドロキノン化粧品ランキングの記事があります。

いずれも人気で実力派の商品ばかりなので、ぜひご覧ください。

ハイドロキノン化粧品ランキングはコチラ

 

シミそばかすを消すオールインワンジェルをピックアップ

(引用元:https://www.amazon.co.jp/

シミトリー

 

シミトリーは、楽天のランキングで1位を獲得した実績のある、オールインワンジェル

美白だけでなく高い保湿効果があるので、毛穴やシワを目立たなくさせる嬉しい効果も。

これひとつで9役をこなし、敏感肌でも安心の7つの無添加を実現している美白オールインワンジェルです。

 

価格 通常価格:4,980円(税抜)、定期初回:3,685円(税抜)、定期2回以降:3,981円(税抜)
容量 60g
期待できる効果 美白、保湿、毛穴、シワ
刺激性 低刺激
アットコスメの評価 5.3ポイント(7.0ポイント中)
トライアルキット なし
保証内容 14日間全額返金保証

 

シミトリー公式サイトの定期コースは、通常価格4,980円(税抜)のところ、定期初回3,685円(税抜)、定期2回目以降3,981円(税抜)で購入できます

全額返金保証や各種手数料無料などの特典があるのは公式サイトのみなので、気になる方は公式サイトからの購入をおすすめします。

シミトリーをお得に購入するならコチラ(定期初回約1,300円OFF)

 

当サイトには、シミそばかすケアに効果的なシミ消しクリームランキングの記事があります。

クリームだけでなくオールインワンジェルも多数紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

シミ消しクリームランキングはコチラ

 

ドラッグストアで買える!シミそばかすを消す市販のプチプラ化粧品

(引用元:https://www.kobayashi.co.jp

ケシミンクリームEX

 

ドラッグストアや薬局などの市販のプチプラ美白化粧品と言えば、小林製薬のケシミンが有名です。

ケシミンはビタミンC誘導体、アルブチンWの美白有効成分を配合して、シミそばかすに効果を発揮。

その他にも美肌成分が配合されているので、肌質改善にもおすすめです。

 

価格 Amazon参考価格:1,610円
容量 12g
期待できる効果 美白、保湿、整肌
刺激性 普通
アットコスメの評価 2.3ポイント(7.0ポイント中)
トライアルキット なし
保証内容 なし

 

ケシミンクリームEXの詳細を知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

ケシミンクリームEXの公式サイトはコチラ

 

当サイトには、ケシミンクリームEXの美白効果やアットコスメなどの口コミ、実際に使用してみた感想をまとめた記事があります。

ケシミンクリームEXの詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ケシミンクリームEXのレビュー記事はコチラ

 

自力でシミそばかすを消す方法 美白医薬品・サプリメント編

ここからは、美白医薬品やサプリメントの服用ででシミそばかすを消す方法ご紹介します。

 

美白医薬品やサプリメントに期待できる効果

美白医薬品やサプリメントに期待できる効果は主に3つです。

  • シミそばかすの無色化
  • シミそばかすの元となるメラニンの排出を促進
  • 全身のシミに対してアプローチする

 

美白医薬品は全身のシミに対応できるのが最大のポイント

シミそばかすの無色化とメラニン排出の促進により、シミそばかすのない美白肌が叶います。

ただし美白有効成分により効果は異なるので、選ぶ際には注意が必要です。

 

美白医薬品やサプリメントの選び方のポイント

美白医薬品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

美白有効成分が配合されている美白医薬品を選ぶ

美白有効成分が配合されている医薬品でないと、シミそばかすは消せません。

主要な美白有効成分には以下があるので医薬品選びの参考にしてください。

 

シミそばかすを無色化する:L-システイン、ビタミンC
シミそばかすを予防する:ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンEなど

 

シミそばかす以外にも効果を発揮する美白医薬品を選ぶ

シミそばかすが綺麗に消えても、シワやたるみがあると年齢を感じさせてしまいます。

他に気になる部分がある方は、シミそばかす以外にも効果効能のある美白医薬品を選びましょう。

 

長く続けられる価格の美白医薬品を選ぶ

美白医薬品は美白化粧品同様、長く使用し続けるとシミそばかすへの効果があります

美白医薬品によるケアも肌のターンオーバーに頼っているので、少なくとも3ケ月は使用しないと効果を実感できません。

長期間使用するためには続けやすい価格であるのも重要なので、自分のお財布と相談して選びましょう。

ここからは、シミそばかすを消すのにおすすめの美白医薬品・サプリメントをご紹介していきます。

シミそばかすを消す美白医薬品・サプリメントをピックアップ

(引用元:https://www.bglenpharma.com

SIMIホワイト

 

SIMIホワイトは、美白化粧品で圧倒的人気を誇るビーグレンが開発した美白医薬品。

シミに効く成分「L-システイン」の配合量が多いので、高い美白効果が期待できます。

高品質で妊娠中や産後でも使用できるのがうれしいポイント。

飲むだけで全身の美白が叶う美白医薬品です。

 

価格 通常価格:7,171円(税込)、定期初回:2,868円(税込)、定期2回目以降:5,378円(税込)
容量 30錠×6包(30日分)
主な配合成分 ビタミンC:1000㎎、L-システイン:240㎎、ビタミンE:50㎎
期待できる効果 美白
アットコスメの評価 なし

 

SIMIホワイトの公式サイトには、通常価格より60%OFFで買えるお得な定期便や、シミ消しに効果的なハイドロキノンクリームプレゼントなどの嬉しい特典があります。

SIMIホワイトが気になる方や購入してみたい方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

SIMIホワイトの公式サイトはコチラ(定期初回60%OFF)

 

ドラッグストアで買える!シミそばかすを消す市販の美白医薬品・サプリメント

(引用元:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

トランシーノ ホワイトクリアC

 

市販の美白ケアと言えばトランシーノシリーズ。

市販のシミそばかす対策医薬品の中では、ビタミンとL-システインを高濃度に配合している点がポイントです。

シミに効く成分の量を重視して美白医薬品を選ぶなら、トランシーノホワイトCクリアがおすすめです。

 

価格 Amazon参考価格:2,553円
容量 120錠(30日分)
主な配合成分 ビタミンC:1000㎎、L-システイン:240㎎、ビタミンE:50㎎
期待できる効果 美白
アットコスメの評価 なし

 

トランシーノ ホワイトCクリアについて詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

トランシーノの公式サイトはコチラ

 

自力でシミそばかすを消す方法 紫外線対策編

ここからは、紫外線対策でシミそばかすを消す方法をご紹介します。

 

紫外線対策に期待できる効果

紫外線対策に期待できる効果は主に2つです。

  • 新たなシミそばかすの予防
  • 今あるシミそばかすの悪化を予防

 

シミそばかすの最大の原因は紫外線です。

紫外線対策をしっかりすると、新たなシミそばかすを予防するだけでなく、今あるシミそばかすが悪化して消しにくくなるのを予防します。

 

紫外線でシミになるメカニズム

肌が紫外線などの刺激を受けると、シミをつくる工場であるメラノサイトが活性化され、黒いメラニン色素が作られます。

生成されたメラニン色素が排出されずに残っているとシミそばかすとなり、シミそばかすが紫外線を受けるとさらに悪化します。

シミそばかすを消すためには、シミそばかすを濃くさせないように、新たなシミそばかすを発生させないように、徹底した紫外線対策が必要です。

 

ここからは、紫外線対策を正しくおこうなうために、紫外線A波とB波の違いや、紫外線対策に必須の日焼け止めの選び方について解説します。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がある

肌に影響をおよぼす紫外線には、紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)があります。

 

UV-Aとは

UV-Aは肌内部の深い部分・真皮までダメージを与え、地上の紫外線の約9割を占めています。

メラノサイトを活性化し、皮膚が黒化するサンタンを起こすだけでなく、肌の弾力を保つコラーゲンを変形させ、シミシワたるみを引き起こします

 

UV-Bとは

UV-Bは主に肌の表皮にダメージを与えます。

直接的に細胞の遺伝子を傷つける作用があり、日焼けで皮膚が赤く炎症するサンバーンを引き起こし、メラニンを増加させてシミそばかすを発生させます

 

日焼け止め選びのポイント

日焼け止めを選ぶ際に重要なのが、UVケア商品に表記されている「SPF」「PA」です。

「SPF」と「PA」は、紫外線(UV-A、UV-B)を防ぐ効果を分かりやすく示したサンケア指数です。

数値の意味を正しく理解して、生活シーンに合った日焼け止めを選びましょう。

 

SPF(Sun Protection Factor)をチェック

SPF はUV-Bをブロックする指数。

数値はSPF2〜50があり、それ以上は50+で表示されます。

SPFの数値は、紫外線を浴びてから肌が赤くなるまでの時間を、何も対策していない状態と比べて、何倍にできるかを示します。

 

PA(Protection grade of UVA)をチェック

PAはUVAをブロックする指数。

PAの横に付いている「+」の数が増えるほど効果が高くなります。

UV-A照射後2~24時間に起こる皮膚の即時黒化を指標にしています。

 

PAの指標
PA++++:効果が極めて高い
PA+++ :非常に効果がある
PA++  :かなり効果がある
PA+   :効果がある

 

日常生活で使うのならSPF10〜25、PA+〜++で十分

とりあえず効き目の強いものをと思い、「SPF50+、PA++++」の日焼け止めを塗るのは、肌に負担がかかるのでおすすめできません

日焼け止めは使用する場面に応じて使い分けましょう。

 

日焼け止めを正しく塗る方法

日焼け止めの効果を発揮するためには、日焼け止めの使い方が重要です。

日焼け止めの効果を実感できていないという方は、日焼け止めを正しく使用できていない可能性があります。

以下の点に気を付けて、日焼け止めを使用しましょう。

  • たっぷりと厚く塗る
  • 2~3時間おきに塗り直す

 

シミそばかす対策に効果的な日焼け止めをピックアップ

ここからは、シミそばかす対策におすすめの日焼け止めを3つご紹介します。

 

江原道 ウォータリーUVジェル

(引用元:https://www.amazon.co.jp

 

江原道 ウォータリーUVジェルは、美的などの美容雑誌でも取り上げられている人気の日焼け止め

温泉水と天然ハーブベースで肌に優しいのがポイント。

白浮きせずに肌に透明感を与えながら、毛穴やくすみを補正する効果もあります。

 

価格 Amazon参考価格:3,839円
容量 40g
UVカット指数 SPF50+ PA++++
刺激性 低刺激
アットコスメの評価 5.8ポイント(7.0ポイント中)

 

江原道ウォータリーUVジェルを購入したい方は、以下をご覧ください。

江原道ウォータリーUVジェルの購入はコチラ

 

アルビオン スーパーUVカット リペア パーフェクション ベース

(引用元:https://www.albion.co.jp

デパコスの代表格・アルビオンの日焼け止めです。

紫外線からしっかり肌を守りながらエイジングケアができるので、年齢肌でお悩みの方に支持されている逸品

化粧下地効果もあるので、そのままメイクができるのもうれしいポイントです。

 

価格 通常価格:6,000円(税抜)
容量 40g
UVカット指数 SPF50+ PA++++
刺激性 普通
アットコスメの評価 5.1ポイント(7.0ポイント中)

 

アルビオン スーパーUVカット リペア パーフェクション ベースの詳細は、公式サイトをご覧ください。

アルビオンの公式サイトはコチラ

 

資生堂 アネッサ ホワイトニングUV ジェルn

(引用元:http://www.shiseido.co.jp

CMでもおなじみ資生堂 アネッサシリーズの日焼け止め。

アネッサ ホワイトニングUV ジェルnは美白有効成分トラネキサム酸を配合しているので、紫外線対策をしながらシミそばかすケアもできる優れモノ

アレルギーテスト済みで肌に優しいのもポイントです。

 

価格 Amazon参考価格:2,550円
容量 90g
UVカット指数 SPF50+ PA++++
刺激性 比較的低刺激
アットコスメの評価 4.5ポイント(7.0ポイント中)

 

資生堂 アネッサ ホワイトニングUV ジェルnの詳細は、公式サイトをご覧ください。

資生堂の公式サイトはコチラ

 

自力でシミそばかすを消す方法 スキンケア編

ここからは、毎日のスキンケアの見直しでシミそばかすを消す方法をご紹介します。

 

スキンケアの見直しに期待できる効果

スキンケアの見直しに期待できる効果は主に3つです。

  • 肌のバリア機能を高めて紫外線にダメージを受けにくくする
  • 肌のターンオーバーを整えてメラニンの排出を促す
  • シミそばかすの原因となる肌への刺激を抑える

 

スキンケアの見直しは、肌本来の機能を最大限に引き出すのがポイント

スキンケアの見直しをすれば、シミそばかすだけでなく肌質もより良く改善され、美肌を手に入れることができます。

毎日のスキンケアを見直すだけなので、気軽に取り入れてみましょう。

 

クレンジング時に気を付けたいポイント

メイクを落とすクレンジングは、スキンケアの中で肌に一番負担がかかります

肌への負担を最小限にするためにも、多めのクレンジングを使って手早く終わらせましょう。

肌への摩擦の刺激で肌が傷む可能性があるので、すすぎの際も強くこすらないように注意しましょう。

 

洗顔時に気を付けたいポイント

洗顔でもっとも重要なのは、皮脂を綺麗に落とすという点です。

洗顔の際に肌に皮脂が残ると、酸化されて過酸化脂質に変わります。

これがシミそばかす、シワの原因に繋がります。

クレンジングは弱めに、洗顔はたっぷりの泡でしっかりとおこないましょう。

 

化粧水使用時に気を付けたいポイント

適量の化粧水を手のひらにのせ、軽く手を合わせて広げたら、両手で顔を包み込んで優しく押さえるようにつけます

肌へすり込むようにつけると、摩擦で肌にダメージを与え、シミそばかすになる可能性があります。

肌の表面に水気が残っていてもそのままにして、美容液などの次のステップに進みましょう。

 

美容液やクリーム使用時に気を付けたいポイント

美容液やクリームは、肌が乾燥しないよう保湿を目的として使用します。

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線などの影響を受けやすくなるので、シミそばかす対策には保湿が重要です。

美容液やクリームは、手で肌を押さえるようにしてつけ、乾燥の程度によって量を調整しましょう。

 

自力でシミそばかすを消す方法 食べ物編

ここからは、美白に効果的な食べ物でシミそばかすを消す方法をご紹介します。

 

食べ物に期待できる効果

美白に効果的な食べ物に期待できる効果は主に3つです。

  • シミそばかすの元となるメラニンの排出を促進
  • 全身のシミに対してアプローチする
  • 肌質を総合的に改善して美肌へ導く

 

美白に効果的な食べ物は美白医薬品同様、全身のシミに対応できるのがポイント

シミそばかすの元となるメラニン色素の排出だけでなく、肌質を総合的に改善する効果があるので、美白と美肌が叶ううれしい効果もあります。

 

シミそばかすを消すのに効果的な食べ物

シミそばかすを消すのに効果的な食べ物を栄養素ごとにまとめて紹介します。

ビタミンC ピーマン、パプリカ、ブロッコリー、レモン、イチゴなど
ビタミンE アーモンド、落花生、アボカド、パセリ、ニラなど
ビタミンA にんじん、ほうれん草、しそ、豚肉、うなぎなど
ビタミンB2 レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品など
L-システイン 牛肉、魚介類、牛乳、大豆、ほうれん草など
セラミド こんにゃく、大豆、ひじき、黒豆、ごまなど
リコピン トマト、すいか、グレープフルーツ、柿、にんじんなど
アスタキサンチン 鮭、イクラ、エビ、カニ、金目鯛など
オメガ3脂肪酸 えごま油、亜麻仁油、まぐろ、サバ、ほうれん草など
エラグ酸 イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、アサイー、ザクロなど
ポリフェノール 赤ワイン、ブルーベリー、チョコレート、ココア、コーヒーなど
食物繊維 玄米、豆類、キノコ類、こんにゃく、おからなど

 

当サイトには、顔のシミを消す食べ物についてまとめた記事があります。

詳細な説明や美白におすすめの簡単レシピもご紹介しているので、気になる方はご覧ください。

顔のシミを消す食べ物の記事はコチラ

 

シミそばかすを早く消したいなら皮膚科治療がおすすめ!

シミそばかすを短期間で消すためには、皮膚科や美容皮膚科などのクリニックで受けられるレーザー治療などの選択肢があります。

残念ながらほとんどの場合保険が適用されないため、全額自己負担の自由診療となりますが、即効性を求める方は皮膚科治療を検討してみてはいかがでしょうか。

ここからは、皮膚科で受けられるシミそばかす治療をご紹介します。

 

皮膚科治療の代表格と言えばレーザー治療

レーザー治療の概要

ある特定の光を用いて、シミそばかすを効率的に消すのがレーザー治療です。

シミそばかすの部分にレーザーを照射して軽い火傷のような状態を引き起こし、その後かさぶたの状態を経てシミ・そばかすを薄くしていきます。

特に老人性色素斑や、脂漏性角化症に有効で、そばかすにも効きますが、再発する場合もあります。

 

レーザー治療の治療期間

シミそばかすの進行度合いにもよりますが、1ヶ月から3ヶ月 が目安です。

 

レーザー治療の料金相場

シミ1ヶ所につき約数千円~、面積が広くなると数万円程度になる場合もあります。

その他に初診料、塗り薬、テープ代などがかかります。

 

そばかすを消したいならフォトフェイシャルが効果的

フォトフェイシャルの概要

レーザーよりも波長の広い光による治療がフォトフェイシャル(IPL光治療)です。

インテンス・パルス・ライトという光を当てて、シミそばかすを薄くします。

フォトフェイシャルの方がレーザーよりも広範囲に照射ができるので、特にそばかす治療に効率的と言われています。

 

フォトフェイシャルの治療期間

シミそばかすの進行度合いや治療の頻度にもよりますが、3ヶ月から6ヶ月が目安です。

 

フォトフェイシャルの料金相場

頬のみの場合は1回につき1万円程度、顔全体で3万円程度です。

3~4週間おきに治療をおこない、合計3~6回程度の通院が必要だといわれています。

 

ピーリングなら美白と美肌が叶う

ピーリングの概要

ピーリングは肌表面の古い角質を除去して肌の代謝を上げることにより、古いメラニン色素を排出して、シミそばかすを薄くします

もっとも効果的なのは、ニキビなどが原因の炎症性色素沈着で、肝班の治療にも用いられます。

肌の代謝が上がるので、肌質が改善されて美肌になる効果もあります。

 

ピーリングの治療期間

シミそばかすの進行度合いや治療の頻度にもよりますが、3ヶ月から6ヶ月が目安です。

 

ピーリングの料金相場

1回につき1万円前後です。

2~4週間おきに治療をおこない、合計5~10回程度の通院が必要だといわれています。

 

ビタミンCイオン導入は肌に優しくておすすめ

ビタミンCイオン導入の概要

電気の力でシミそばかすに効くビタミンCの化粧水などを肌に浸透させていく治療法です。

穏やかな治療であるため、肌の弱い人にもおこなえるという利点があります。

肝班や炎症性色素沈着に効果があらわれやすく、そばかすの治療にも有効です。

 

ビタミンCイオン導入の治療期間

シミそばかすの進行度合いや治療の頻度、薬剤にもよりますが、3ヶ月から6ヶ月が目安です。

 

ビタミンCイオン導入の料金相場

1回につき、顔全体で1万円前後です。

クリニックによって薬剤が異なるので、さらに高くなる可能性もあります。

 

皮膚科処方の塗り薬は市販よりも美白有効成分が高濃度

塗り薬の概要

皮膚科や美容皮膚科では、シミそばかす治療に美白の塗り薬を処方してくれます。

もっとも有名な成分がハイドロキノンで、その他にも、ビタミンCの化粧水やコウジ酸のクリームなどを出しているクリニックもあります。

医師の処方では、通販コスメや市販のコスメよりも美白有効成分を高濃度に使用できるので、より高い効果が期待できます。

 

塗り薬の治療期間

シミそばかすの進行度合いや治療の頻度、薬剤にもよりますが、3ヶ月から6ヶ月が目安です。

 

塗り薬の料金相場

数千円程度から一万円以上まで、クリニックによってさまざまです。

 

皮膚科処方の飲み薬で体の中からシミそばかすを消す

飲み薬の概要

皮膚科や美容皮膚科では、シミそばかす治療に美白の飲み薬を処方してくれます。

シミそばかすに効く飲み薬によって、体の中からシミそばかすを改善したり、新たなシミそばかすを予防します。

 

飲み薬の治療期間

シミそばかすの進行度合いや治療の頻度にもよりますが、3ヶ月から6ヶ月以上が目安です。

 

飲み薬の料金相場

2千円程度(1ヶ月分)が目安です。

飲み薬の代金以外に、クリニックでの初・再診料や処方料、調剤料などがかかります。

 

シミそばかすが消えるまで待てないならメイクで隠す!

自力でシミそばかすを消す方法でも皮膚科治療でも、完全にシミそばかすが消えるまでに時間がかかります。

シミそばかすが消えるまで待てないという方は、メイクで隠すのもおすすめです。

 

シミそばかすを消すメイクのポイント

顔のシミそばかすをメイクでキレイに隠すにはコツが必要です。

自然にシミやそばかすを隠すために、以下の3つのポイントに気を付けると良いでしょう。

  • カバー力のある化粧下地を選ぶ
  • 液状のファンデーションを選ぶ
  • シミそばかすが目立つ部分はコンシーラーを使用する

 

シミそばかすを消す方法まとめ

シミそばかすを消す方法についてご紹介してきました。

 

まずは簡単に取り入れられる、自力でできるシミそばかすを消す方法から実践してみましょう。

  • 美白化粧品でスキンケアをしてシミそばかすを消す
  • 美白医薬品やサプリメントを服用してシミそばかすを消す
  • 紫外線対策でシミそばかすの悪化や新たなシミそばかすを予防する
  • 毎日のスキンケアを見直して肌への負担を軽減する
  • 美白に効果的な食べ物でシミそばかすを消す

 

即効性がほしかったり効果が期待できない場合は、以下の皮膚科治療を検討してみてはいかがでしょうか。

  • レーザー治療
  • フォトフェイシャル
  • ピーリング
  • ビタミンCイオン導入
  • 皮膚科処方の塗り薬
  • 皮膚科処方の飲み薬

 

シミそばかすを消す方法を実践して、シミそばかすのない綺麗な美白肌を目指していきましょう。

 

The following two tabs change content below.
真山ゆう子

真山ゆう子

日本化粧品検定1級 所持。 学生時代から美容に興味があり、プチプラコスメを中心に様々な商品を使用。 2018年にIT企業から独立してライターへ転身。 化粧品や美容グッズの商品レビューや、美容関連の記事を中心に執筆。 肌質は乾燥に傾きがちな混合肌で、身体の中と外からスキンケアに取り組み中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました